ホーム » サプリメント » dhcの乳酸菌サプリの特徴

dhcの乳酸菌サプリの特徴

日本では、昔から乳酸菌が身近にありました。
最近は、乳酸飲料やヨーグルトが人気を集めています。
乳酸菌は、糖を分解して乳酸を作り出す微生物で、人間の腸にも動物の腸にも存在しています。
人間の腸には、体に良い働きをする善玉菌と、有害な働きをする悪玉菌、どちらにも付く日和見菌がいます。
乳酸菌は、善玉菌の代表として知られています。
最近では、体に良い菌や、その菌を含んでいる食品のことをプロバイオティクスと呼ぶことが多くなっています。
乳酸菌の種類は、200種類以上あります。
乳酸菌というと、ヨーグルトをイメージする人が多いのですが、日本の伝統食品である漬物や味噌、醤油などにも乳酸菌が含まれています。
ヨーグルトの乳酸菌は、動物性乳酸菌と呼ばれており、漬物や味噌、醤油などの乳酸菌は、植物性乳酸菌と呼ばれています。
乳酸菌は、食事からも摂取することができますが、最近は乳酸菌サプリを利用して乳酸菌を摂取している人も多いです。
現在、ドラッグストアでも、インターネット上の専門ショップでも、様々なメーカーのサプリメントが販売されています。
乳酸菌サプリは、ここ数年で人気が上昇しているサプリのひとつで、多くのメーカーが独自に開発した乳酸菌サプリを販売しています。
健康食品や化粧品を販売している大手企業のdhcも、乳酸菌サプリを販売しており、人気を博しています。
dhcのサプリメントは、品質が高いだけでなく、価格も手頃なので、幅広い年齢層の人がdhcのサプリメントを利用しています。
dhcの乳酸菌サプリは、1粒で5000億個以上の乳酸菌EC-12を摂取することできます。