ホーム » キャッシング » 総量規制外のローンでお金を借りる時の審査

総量規制外のローンでお金を借りる時の審査

総量規制は、多重債務などが社会問題となったことから設けられた、貸金業法にもとづく規制のことで、端的にいえば、個人が貸金業者からの借金をするにあたっては、原則として年収の3分の1を超えないようにしなければならないというものです。もちろん、おまとめローンの一種など、この総量規制の例外となるものはないわけではありませんが、条件が限られているため、一般的な貸金業者からのカードローンやキャッシングにはあてはまらないと考えておいたほうがよいといえます。
いっぽう、こうした規制は貸金業者を対象としていますので、銀行のような主体からであれば、総量規制外となって、はじめから年収に占める借金の割合は考えなくてもよいということになります。こうした総量規制外のローンについても、事前の審査によって、正式に契約ができるかどうかが決まりますので、審査に通るまでは油断はできません。特に、申し込みができる資格要件について、年収が一定以上などといった、こまかな制約がある場合も多いため、パンフレットなどの記載事項は事前によく目を通しておいたほうがよいといえます。
また、審査にかかる時間についても、総量規制の対象となっているものであれば、即日審査、即日融資を可能としているほどの、スピーディーさを売り物にしているものがあるいっぽうで、総量規制外のほうには時間がかかるものも散見されますので、そのあたりもよく確認をしておいたほうがよいといえます。
総量規制とは | 貸金業法についてはこちら