ホーム » 健康 » スマホ老眼の人のための設定とは

スマホ老眼の人のための設定とは

スマホ老眼を改善させるために、設定を変えるということも有効です。まず、表示される文字の大きさを変更することがお勧めです。小さい文字は極端に疲れを感じさせてしまう原因となってしまうため、デフォルトサイズが極端に小さいものや、文字の大きさを変更できないものなどは避けて眼を酷使しないようにすることがまずは大切です。
次に、ブラウザを標準サイズで見ると文字が小さいため、ブラウザを拡大してみることが出来るものが理想です。
また、文字サイズを大きくすることも設定によってできます。それぞれの機種によってやり方が異なりますが、大きな文字にすることによって、画面に表示される文字の大きさが大きくなるため、眼を疲れさせなくなります。
光の設定にも新聞や本などのように光を反射させることによってみるものではなく、画面や文字そのものが発光します。それがバックライトです。そのバックライトからは、ブルーライトという眼に紫外線のように眼に悪影響を及ぼす光が多く発せられるため、長時間使用したりすると、知らないうちに眼に影響を与えてしまいます。
そのため、明るさは、白い部分のページを見て調節することがお勧めです。白い部分が照明のように明るく感じるようなら明るすぎで、グレーに見えたりくすんで見えたら暗すぎです。明るさの自動調節機能を使ったり、背景の白いページを見て調節するなどをして、適切な明るさに調節することもスマホ老眼の予防に繋がります。
http://xn--zck8a1a4ao5537d13xbb4gh1k.xyz/